馬主とはどんな人

競走馬のオーナーである馬主になる資格から、管理費用のことなど、1度はなってみたい馬主についてご紹介します。

馬主とは

馬主になるには馬主資格が必要です。登録申請後に審査され合否の判定が出されます。審査に通ればはれて馬主の仲間入りです。

最近では、法人が馬主資格を取得して、出資者を募り共同所有する「共有馬主(一口馬主)」も存在しますが正しくは馬主ではありません。

競走馬の管理内容の最終決定権は馬主がもっています。しかし直接管理する調教師の判断でほとんどの管理内容は決まります。

それも踏まえた上で馬主は競走馬を委託する調教師を決めています。

馬主になるにはお金が必要

(個人)馬主になるための審査基準として、年間所得が2年連続で1700万円以上であること、そして7500万円以上の資産を所有している必要があります。審査が通ると、次に馬主は、大きく2つの出費をしなければなりません。馬の購入代金と馬の管理費用です。

・馬の購入代金:馬の値段はピンキリです。極端な話数十万で買える馬もいれば、数億円の馬もいます。セリでの落札平均価格は約3,000万円です。安ければ約1,000万円ほどです。
・馬の管理費用:中央競馬の厩舎に預けておくと毎月60万~80万の預託料がかかります。それ以外にも登録料、ケガをしたら治療費もかかります。引退まで3年走らせると約5000万円前後の費用がかかります。

競走馬はケガなどのトラブルで早期に引退なんてことがあるかもしれません。馬主になるということはまさにギャンブルです。

馬主は秘密情報を元に予想をしている

JRAは、調教師、騎手など関係者の予想行為、馬券購入を禁じています。

当然馬主も禁止されているのかとおもいきや、予想行為も、馬券購入も禁止されていません。

馬主は調教師や騎手などの競馬関係者と簡単に接触ができて、関係者の持つ情報を知ることができる立場にいます。

立場を利用して馬券購入の目的で情報収集している馬主がいてもおかしくありません。厩舎や調教師、騎手と関係が密になっている馬主の予想は、かなり貴重なものです。

そんな貴重な馬主の予想が競馬予想サイト上で公開されています。

馬主の予想が見られるサイトを厳選してご紹介!

秘密情報を知っている馬主の予想を見ることができる予想サイトを紹介します。

厳選サイトNo.1
ハイブリッド

ハイブリッド

馬主情報入手元
関係者
馬主からの情報
あり
登録料
無料
総合評価
3.65
口コミ
5件
閲覧回数
2,319
厳選サイトNo.2
RUSH

RUSH

馬主情報入手元
関係者より
馬主からの情報
あり
登録料
無料
総合評価
3.65
口コミ
7件
閲覧回数
318
厳選サイトNo.3
リーク馬券

リーク馬券

馬主情報入手元
関係者より
馬主の情報
あり
登録料
無料
総合評価
3.40
口コミ
22件
閲覧回数
2,083