エージェントとはどんな人

調教師と騎手の橋渡しをしているエージェントについて紹介します。

エージェントとは

競馬のエージェントとは、騎乗依頼仲介者のことで調教師からの騎乗依頼をうけて騎手を斡旋する人物です。

昔は騎手自身が営業を行い騎乗する馬を確保していました。しかし岡部幸雄元騎手が現役時代に「騎乗に集中したい」を理由に、自分の代わりに営業をおこなうエージェント(騎乗依頼仲介者)をたてたことがはじまりです。

当初JRAでは、エージェント制を非公認としていましが、2006年の春に届出制にして公認するようになりました。

エージェントの仕事

エージェントの主な仕事は、担当する騎手のスケジュールの調整や騎乗馬の手配です。トラックマン(競馬専門誌)や新聞記者(スポーツ新聞)がエージェントをつとめることが多いです。

その理由として、トラックマンや新聞記者は、調教師への取材の中で週末に使う馬や乗り役の情報などを知るため、騎乗を仲介するエージェントとして都合が良いからです。

主なエージェント

競馬ブック
  • 小原靖博【岩田康誠、福永祐一、四位洋文、荻野琢真】
  • 井上政行【川田将雅、岩崎翼】
  • 松本晴夫【和田竜二】
元ホースニュース馬
  • 橋本貞男【幸英明、秋山真一郎、北村友一、菱田裕二】
  • 平林雅芳【武豊】
競馬エイト
  • ヒロシ(松本浩)【後藤浩輝、田中勝春、北村宏司、杉原誠人】

関係者なのにエージェントは予想を公開しても良い

JRAは、騎手や調教師などの関係者の予想行為を禁止しています。

しかし関係者のエージェントの多くは、トラックマンや新聞記者が務めているため記者として紙面で予想を公開しています。また、紙面以外にもテレビ、ブログ、競馬予想サイトでも予想を公開しています。

エージェントでありながら、記者として予想を公開する現状について問題視する声もあります。今後エージェント業務を行う人の予想行為も禁止されるかもしれません。

言うまでもなく、厩舎や調教師、騎手と関係が密になっているエージェントの予想、もしくは情報はかなり貴重なものになります。

エージェントの予想が見られるサイトを厳選してご紹介!

競馬の裏の裏まで知り尽くしたエージェントの予想が見られる予想サイトをご紹介します。

厳選サイトNo.1
TRICAST(トライキャスト)

TRICAST(トライキャスト)

エージェント名
涌井氏
エージェントの予想
有り(有料)
登録料
無料
総合評価
3.69
口コミ
63件
閲覧回数
2,854

トライキャストでは、エージェントをしている涌井氏の予想がみられます。エージェント以外にもエージェントの他に某有名馬主のレーシングマネージャーも任されているそうで、競馬情報においても相当の実力者のようです。軸馬1頭固定の3連単の予想を提供しています。内容は2鞍程度で点数は12~30点となっています。定員数があり人気のある情報のためすぐに完売になってしまうのではやめの購入をおすすめします。

厳選サイトNo.2
ファースト(First)

ファースト(First)

エージェント名
工藤氏
エージェントの予想
有り(有料)
登録料
無料
総合評価
3.51
口コミ
7件
閲覧回数
1,245

ファーストでは、エージェントの工藤氏の馬券構築法(工藤式)の予想がみられます。中山競馬場で開催される競馬を得意としています。馬券構築位方法は、競走馬の適正とコース条件などメインに工藤氏のエージェントの経験や情報から絞り込む工藤氏にしかできない予想方法です。予想の内容は2鞍ほどで、買い目は3連単20点以内となっています。定員数は先着30人となっています。参加費用は30000円(300pt)ほどでした。

厳選サイトNo.3
リーク馬券

リーク馬券

エージェント名
不明
エージェントの予想
有り(有料)
登録料
無料
総合評価
3.40
口コミ
21件
閲覧回数
2,083